コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昭和[町] しょうわ

百科事典マイペディアの解説

昭和[町]【しょうわ】

秋田県西部,南秋田郡の旧町。八郎潟の南東岸に位置し,米,野菜を産し,花卉(かき)栽培も盛ん。八郎潟のワカサギ漁は干拓により衰えた。中心の大久保はかつての羽州街道宿駅奥羽本線が通じる。

昭和[町]【しょうわ】

山梨県中部,中巨摩(なかこま)郡の町。甲府盆地の中央,甲府市の南西に接し,野菜を多く産し,ほかに米作,イチゴ栽培も行われる。身延(みのぶ)線,中央自動車道が通じ,甲府市への通勤者も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうわ【昭和[町]】

秋田県西部,南秋田郡の町。人口9220(1995)。八郎潟南東岸に位置し,東部は太平山地,西部は八郎潟の南をふさぐ天王砂州の一部を含む。中心の大久保は近世羽州街道の宿場町として発達,明治以降は八郎潟でとれるワカサギ,シラウオなどのつくだ煮製造が盛んであったが,八郎潟干拓後は衰退した。豊川は近世以来,歴青(アスファルト)の産地として知られ,大正期には豊川油田も開発されて,昭和初期には石油の採掘が盛んであったが,現在は天然ガスが中心となっている。

しょうわ【昭和[町]】

山梨県中央部,中巨摩(なかこま)郡の町。1971年町制。人口1万4590(1995)。甲府盆地中央部に位置し,釜無(かまなし)川沖積地を占める。釜無川はんらん原の肥沃な土地に恵まれ,県下有数の穀倉地帯であるが,近年はイチゴ,ナスなどの促成栽培が盛んになっている。甲府市の西に隣接し,交通の便がよいため,農地の住宅地化が進み,国母・釜無両工業団地も造成された。JR身延線,国道20号線バイパスが通じ,中央自動車道甲府昭和インターチェンジがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android