コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最明寺 サイミョウジ

デジタル大辞泉の解説

さいみょう‐じ〔サイミヤウ‐〕【最明寺】

神奈川県鎌倉市山ノ内にあった寺。北条時頼が創建し、出家隠棲(いんせい)した所。現在は塔頭(たっちゅう)の明月院のみが残る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいみょうじ【最明寺】

鎌倉市山内にあった寺。北条時頼の建立。時頼はここで出家したので、最明寺入道と称された。塔頭たつちゆうの一つ、明月院が現在に残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

最明寺
さいみょうじ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

最明寺の関連キーワード神奈川県鎌倉市山ノ内東京都板橋区東新町三日月(兵庫県)出面・出頬・出頰佐野源左衛門常世佐野(群馬県)伊豆の国(市)極楽寺殿御消息三日月[町]最明寺入道鵜川の小鮎ととかか残んの月佐用町守山市大井町ふわと三日月醍醐味猪名川

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android