松原(市)(読み)まつばら

  • 松原

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪府中南部、大和(やまと)川左岸にある市。1955年(昭和30)松原、天美(あまみ)の2町と布忍(ぬのせ)、三宅(みやけ)、恵我(えが)の3村が合併して市制施行。市名は反正(はんぜい)天皇の丹比柴籬宮(たじひしばがきのみや)跡を「松生(お)いし丹比の松原」といった故事による。宮跡には柴籬神社が建てられている。市域は狭山(さやま)古扇状地の緩斜面にあり、北境に大和川が流れる。近畿日本鉄道南大阪線が中央部を貫通、阪神高速道路松原線、近畿自動車道、西名阪自動車道、阪和自動車道、国道309号、大阪中央環状線が通じる。古代、難波(なにわ)と大和を結ぶ古道の竹内街道(たけのうちかいどう)と長尾街道が通り、沿道に史跡が多い。東の大塚山古墳は全国でも屈指の前方後円墳である。江戸期には河内木綿(かわちもめん)の産地として知られた。日本最古の溜池(ためいけ)の一つである狭山池の灌漑(かんがい)地で、米のほか野菜の近郊農業が発達している。また、食料品、織物や金属、機械類などの中小規模工業や印材生産がある。昭和初期より現近鉄南大阪線沿いが宅地化され、とくに第二次世界大戦後は住宅開発が著しく、大阪市の衛星都市となっている。2002年(平成14)布忍神社(ぬのせじんじゃ)の本殿が大阪府の有形文化財に指定された。面積16.66平方キロメートル、人口12万0750(2015)。

[橋本九二男]

『『松原市史』全8巻(1974~ ・松原市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松原(市)の関連情報