松本幸四郎(7世)(読み)まつもとこうしろう[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「松本幸四郎(7世)」の解説

松本幸四郎(7世)
まつもとこうしろう[ななせい]

[生]明治3(1870)
[]1949.1.27.
歌舞伎俳優。屋号高麗屋。2世藤間勘右衛門の養子で,本名藤間金太郎。兄の9世市川団十郎師事。前名金太郎,染五郎,高麗蔵 (こまぞう) 。時代物,世話物舞踊にすぐれ,『勧進帳』の弁慶当り役で生涯 1800回も演じた。ほかにオペラなどでも活躍。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の松本幸四郎(7世)の言及

【藤間流】より

…(2)勘右衛門家 7世市川団十郎の門弟市川金太郎が,のち2世藤間勘十郎(一説に3世勘兵衛とも)の門に入って振付師となり,初世藤間勘右衛門を名のったのが始めである。初世の実子2世勘右衛門は引退した初世花柳寿輔に代わって,明治劇壇の立振付師となり活躍,養子の7世松本幸四郎に3世勘右衛門をつがせ,自身は勘翁と改めたが,勘右衛門家の基盤はこの勘翁によって築かれた。7世幸四郎は俳優と舞踊家を兼ね,三男の2世尾上松緑が1937年4世勘右衛門(現,勘斎)を襲名,75年松緑の長男尾上辰之助が5世勘右衛門を襲名した。…

【松のみどり】より

…歌舞伎役者の芸談集。7世松本幸四郎著。1937年刊。…

※「松本幸四郎(7世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android