コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂米朝(3世) かつらべいちょう[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂米朝(3世)
かつらべいちょう[さんせい]

[生]1925.11.6. 満州,大連
[没]2015.3.19. 大阪,大阪
落語家。本名中川清。大東文化学院中退。1943年正岡容に師事。1947年 4世桂米団治に入門,桂米朝となる。戦後滅亡の危機にあった上方落語の復興に尽力,6世笑福亭松鶴,3世桂春団治,5世桂文枝とともに戦後上方落語四天王と呼ばれる。1969年頃から全国で独演会を開催,その後,大阪サンケイホールで定期的に独演会を開催する。得意ネタは『百年目』『はてなの茶碗』『住吉駕篭』などに,『地獄八景亡者戯』などの大作や,『矢橋舟』『算段の平兵衛』など古いネタを復刻した。自作の新作落語『一文笛』は東西で演じる人も多い古典ともいえる名作。1996年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定,2009年文化勲章受章。研究者としても活躍,帝塚山学院大学で講師を務めたほか,『米朝落語全集』(7巻,1980~82)はその後の落語家たちの教科書ともなった。『上方芸人誌』(1976),『上方落語ノート』(1978),『落語と私』(1986)など著書も多数。門下に 2世桂枝雀,月亭可朝,桂ざこば,5世桂米団治(長男)らがいる。(→落語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

桂米朝(3世)の関連キーワード島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助五所平之助加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)アール・デコ内田吐夢フォード(John Ford(1895―1973))

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android