コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橿原[市] かしはら

百科事典マイペディアの解説

橿原[市]【かしはら】

奈良県奈良盆地南部の市。1956年市制。上代文化の一中心で,飛鳥(あすか)地方の一部を含み,大和三山,神武天皇陵,藤原京跡,本薬師寺跡,久米寺,菖蒲池古墳,橿原神宮など史跡が多い。
→関連項目末永雅雄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしはら【橿原[市]】

奈良県北部の市。1956年畝傍(うねび),八木,今井の3町と鴨公(かもきみ),真菅,耳成(みみなし)の3村が合体,市制。大阪のベッドタウンとして人口が急増しており,12万1988(1995)は県下第2位である。市域の中・北部は奈良盆地の南端にあたる。日本の古代文化の一中心地で,大和三山として親しまれる耳成山天香久(あまのかぐ)山畝傍山があるのをはじめ,橿原遺跡新沢(にいざわ)遺跡丸山古墳藤原宮(ふじわらのみや)跡,多数の陵墓など古代史跡が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

橿原[市]の関連キーワードいざわ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android