コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橿原[市] かしはら

百科事典マイペディアの解説

橿原[市]【かしはら】

奈良県奈良盆地南部の市。1956年市制。上代文化の一中心で,飛鳥(あすか)地方の一部を含み,大和三山,神武天皇陵,藤原京跡,本薬師寺跡,久米寺,菖蒲池古墳,橿原神宮など史跡が多い。八木,畝傍(うねび),今井の旧町地区に市街が発達,桜井線,近鉄の大阪・南大阪・橿原各線が通じ,近年住宅地化が著しく,人口の増加が続いている。農村部ではイチゴ,グリーンアスパラガス,花卉(かき)栽培が盛ん。森林公園,橿原公苑,大和歴史館があり,寺内町として栄えた今井は古い町並みを残している。39.56km2。12万5605人(2010)。
→関連項目末永雅雄

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしはら【橿原[市]】

奈良県北部の市。1956年畝傍(うねび),八木,今井の3町と鴨公(かもきみ),真菅,耳成(みみなし)の3村が合体,市制。大阪のベッドタウンとして人口が急増しており,12万1988(1995)は県下第2位である。市域の中・北部は奈良盆地の南端にあたる。日本の古代文化の一中心地で,大和三山として親しまれる耳成山天香久(あまのかぐ)山畝傍山があるのをはじめ,橿原遺跡新沢(にいざわ)遺跡丸山古墳藤原宮(ふじわらのみや)跡,多数の陵墓など古代史跡が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android