次元(数学)(読み)じげん

百科事典マイペディア「次元(数学)」の解説

次元(数学)【じげん】

点の位置は,線上では一つ,面上では二つ,空間内では三つの実数座標)で表され,この意味で線・面・空間をそれぞれ1次元空間・2次元空間・3次元空間であるという。これを拡張して4次元,n次元,無限次元の空間が考えられる。またベクトル空間では,一次独立なn個のベクトルの組が存在し,n+1個以上のベクトルの組はすべて一次従属であれば,次元はnであるという(ベクトル空間)。次元の概念はさらに距離空間や位相空間にも導入され,より厳密な定義を与えられている。→次元物理
→関連項目次元解析

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android