コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武王[周] ぶおう[しゅう]Wu-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武王[周]
ぶおう[しゅう]
Wu-wang

中国,周王朝初代の王。ほぼ前 11世紀の人。名は発。文王長子で,即位後,西方の蛮族を合せて東進をはかり,文王を継いで 11年にして牧野の戦いで破って,周を開いた。首都を陝西省西安付近の鎬京に定め,一族の子弟を中心に,各地に諸侯を封じ,いわゆる周の封建制を始めたといわれる。後世,開国の英主とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android