コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水窪[町](読み)みさくぼ

百科事典マイペディアの解説

水窪[町]【みさくぼ】

静岡県北西部,磐田(いわた)郡の旧町。大半が赤石山脈南部の山地。天竜川の支流水窪川に沿う奥領家が中心で,飯田線が通じる。林業を主とし,茶も産する。電気,自動車などの企業が進出している。西浦の田楽能は有名。2005年7月天竜市,浜北市,周智郡春野町,磐田郡佐久間町,龍山村,浜名郡舞阪町,雄踏町,引佐郡細江町,引佐町,三ヶ日町と浜松市へ編入。271.28km2。3613人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みさくぼ【水窪[町]】

静岡県北西端,磐田郡の町。人口4112(1995)。天竜川支流の水窪川,気田(けた)川上流域を占め,北は長野県,西は愛知県に接する。赤石山脈南西部にあたり,町域のほとんどは山地である。モミ,ツガなどの天然林と杉,ヒノキ人工林が広がり,日本三大美林の一つに数えられる天竜林業地帯の中心をなす。製材業が主体で,シイタケ,茶の栽培も行われる。水窪ダム(1969完成),山王峡は行楽地。西浦(にしうれ)で3月9~10日に行われる西浦田楽は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる