コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河芸[町] かわげ

2件 の用語解説(河芸[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

河芸[町]【かわげ】

三重県安芸(あげ)郡,伊勢平野中央部にあり伊勢湾に臨む旧町。米のほか野菜,果実も産する。沿岸漁業を行い,カニ,エビなどの加工も盛ん。近鉄名古屋線,伊勢鉄道が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわげ【河芸[町]】

三重県中央部,安芸(あげ)郡の町。人口1万6548(1995)。北は鈴鹿市,南は津市に隣接し,東は伊勢湾に面する。北西部は標高50m前後の小丘陵地で,谷間に集落と耕地が散在し,南東部には伊勢湾沿岸平野が開け,伊勢鉄道線,近鉄名古屋線,国道23号線が並走している。中心集落の上野は室町時代伊勢参宮が活発になるにつれて宿場として発展し,江戸時代には本陣,問屋,紀州藩の御用飛脚などが置かれた。基幹産業は農漁業で,農業は米,野菜,果実を主産物とし,特に河芸ミカン,黒田キャベツは有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone