コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋銀(貨幣) ようぎん

1件 の用語解説(洋銀(貨幣)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

洋銀(貨幣)【ようぎん】

幕末の開港以降,明治初年ころまで日本に流入した外国産の銀貨幣。大部分はメキシコ銀(墨銀(ぼくぎん))で貿易用貨幣として利用された。当時,日本の金銀比価は金1:銀8.5〜10であったのに対し,欧米諸国では1:14〜16であったので,外国商人は洋銀を持ち込んで日本の一分銀に替え,これを小判一分金と交換したため大量の洋銀が流入し,金が流出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone