コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋銀(貨幣) ようぎん

百科事典マイペディアの解説

洋銀(貨幣)【ようぎん】

幕末の開港以降,明治初年ころまで日本に流入した外国産の銀貨幣。大部分はメキシコ銀(墨銀(ぼくぎん))で貿易用貨幣として利用された。当時,日本の金銀比価は金1:銀8.5〜10であったのに対し,欧米諸国では1:14〜16であったので,外国商人は洋銀を持ち込んで日本の一分銀に替え,これを小判一分金と交換したため大量の洋銀が流入し,金が流出した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android