コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津久井[町] つくい

2件 の用語解説(津久井[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

津久井[町]【つくい】

神奈川県北部,津久井郡の旧町。相模川中流と支流道志川の流域を占め,主集落は段丘上の中野。酪農を行うほか,繊維産業が盛ん。1965年完成の城山ダム津久井湖があり,京浜の観光地でもある。
→関連項目緑[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つくい【津久井[町]】

神奈川県北部,津久井郡の町。人口3万0448(1995)。丹沢山地の北東部に位置し,北境を相模川の支流道志川が流れる。古くから津久井郡の中心地で,城山には戦国末期に甲斐の武田氏に備える後北条氏の支城津久井城が設けられていた。相模川南岸の段丘上にある中心の中野は,古くは川和と呼ばれた市場町で,江戸時代後期から養蚕が盛んになり,末期には八王子と並ぶ機業地となって,川和縞(かわわじま)の産地として知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone