怪火(読み)カイカ

大辞林 第三版の解説

かいか【怪火】

原因不明の火事。放火と疑われるような火事。
鬼火・火の玉など、正体不明の火。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あやし‐び【怪火】

〘名〙 その原因や実体が何であるかわからない
① 原因不明の火事。不審火。
狐火など異の火。
※春鳥集(1905)〈蒲原有明〉鏽斧「黒水(くろみづ)の昼はよどみて朽沼の夜の怪火(アヤシビ)

かい‐か クヮイクヮ【怪火】

〘名〙
① ふしぎな火。なぜ出るのかわからない、気味の悪い火。鬼火、火の魂(たま)など。
※和蘭天説(1795)「山野に火を見、墟墓(はかはら)・荒壇(あれやしろ)に怪火(クヮイクヮ)あり」
② 原因のわからない火事。不審火(ふしんび)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報