大火事(読み)おおかじ

精選版 日本国語大辞典「大火事」の解説

おお‐かじ おほクヮジ【大火事】

〘名〙 多くの家が焼けたり、広い範囲に及んだりする火事大火(たいか)
※俳諧・桃青三百韻附両吟二百韻(1678)「人死の恋風さはぐなり〈芭蕉〉 大火事を袖行水(そでゆくみづ)にふせぎかね〈素堂〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大火事」の解説

おお‐かじ〔おほクワジ〕【大火事】

大きな火事。被害が広い範囲に及ぶ火事。大火たいか大火災
[類語]火事火災火難出火失火炎上小火ぼや自火近火急火怪火不審大火小火しょうか祝融しゅくゆう回禄かいろく山火事大火災火の海焼失焼亡焼尽丸焼け半焼け全焼半焼火元火の元類焼貰い火延焼飛び火引火猛火火の手下火鎮火消火火消し消防火事場焼け跡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android