コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小火 ショウカ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐か〔セウクワ〕【小火】

わずかな火。小さな火。
ごく一部だけの火事。ぼや。

ぼや【小火】

大きくならないうちに消し止めた火事。さな火事。「小火を出す」「小火騒ぎ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうか【小火】

わずかな火。また、小さな火事。ぼや。

ぼや【小火】

大事に至らぬうちに消し止めた火事。小さな火事。 「 -のうちに食い止める」 「 -を起こす」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小火の関連キーワードトリスタンダクーニャ諸島ストロンボリ[島]サンタクルーズ諸島ウォリス[諸島]クリンチ[山]オストラル諸島姫島(大分県)ウスティカ島ブラウニングラナイ[島]元禄の大火南部麒次郎レミントンホロ[島]中央火口丘接触変成帯宇土半島火山裂罅幸いする寄生火山

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小火の関連情報