コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷寺 ユウコクジ

3件 の用語解説(熊谷寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆうこく‐じ【熊谷寺】

埼玉県熊谷(くまがや)市にある浄土宗の寺。山号は、蓮生山。開創は元久2年(1205)。開基は熊谷直実

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

熊谷(くまだに)寺

徳島県阿波市にある寺院。815年創建。宗派は高野山真言宗、本尊は千手観世音菩薩。四国八十八ヶ所霊場第8番札所。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊谷寺
ゆうこくじ

埼玉県熊谷(くまがや)市仲町にある浄土宗の寺。蓮生山(れんせいざん)常光院と号する。熊谷次郎直実(くまがいじろうなおざね)が晩年仏門に入り、故郷熊谷の館(やかた)跡に草庵(そうあん)を結び蓮生庵と号したのを始まりとする。天正(てんしょう)年間(1573~92)幡随意上人(ばんずいいしょうにん)が中興、さらに徳川家康が寺領30石の朱印を授け、七堂伽藍(がらん)を建立し、関東最初の念仏道場として隆盛を極めた。寺宝には、幡随意筆の名号、空海筆の弁天像、恵心(えしん)筆の阿弥陀(あみだ)像、法然(ほうねん)筆の六字名号、直実所用の武具などがある。[中山清田]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊谷寺の関連キーワード熊谷市善導寺誕生寺大長寺法善寺西福寺常福寺熊谷本碩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊谷寺の関連情報