コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑作儀礼 はたさくぎれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畑作儀礼
はたさくぎれい

畑作物に伴う農耕儀礼。日本の農業は稲作を中心に発達したため,稲作儀礼に比べて畑作儀礼は乏しく,年中行事のなかに断片的に認められるにすぎない。中国,四国,九州などで行われてきた麦正月,麦ほめ節供,関東地方で行われてきた粟穂稗穂などが代表的なもので,また8月 15日を芋正月,10月 10日を大根の年取りと呼ぶのも,芋や大根の収穫儀礼の痕跡をとどめるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はたさくぎれい【畑作儀礼】

畑作物の栽培過程に豊穣を願って行う儀礼。日本では水田稲作農業に絶対的価値をおくことが長い歴史を通して推進されてきたために,畑作地域においても水田稲作農業の受容が行われてきた。また諸種の儀礼においても,水田稲作を母体に成立した諸様式の強い影響を受けてきたため,畑作農業独自の儀礼体系が崩されて,断片的な形で伝承されているにすぎないというのが従来の常識であった。しかし第2次大戦後に,日本国内の民俗誌的研究の進展や,国外との比較研究によって,水田稲作に偏した研究への反省が生まれ,そのなかから畑作儀礼を指標とした日本文化の類型的研究が行われるようになり,しだいにその全体像が明らかになってきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

畑作儀礼の関連キーワード畑作物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android