単刀直入(読み)タントウチョクニュウ

デジタル大辞泉の解説

たんとう‐ちょくにゅう〔タンタウチヨクニフ〕【単刀直入】

[名・形動]《一人で刀を持って敵に切り込む意から》直接に要点を突くこと。遠回しでなく、すぐに本題に入ること。また、そのさま。「単刀直入な言い方」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんとうちょくにゅう【単刀直入】

( 名 ・形動 )
刀を一振り持って敵陣に切り込むこと。
前置きなどを省いて、すぐ本題に入ること。遠回しな言い方をしないで、問題の核心をつくこと。また、そのさま。 「 -にたずねる」 〔「短刀直入」と書くのは誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たんとう‐ちょくにゅう タンタウチョクニフ【単刀直入】

〘名〙 (形動)
① ただ一人で刀を執り、敵陣に斬(き)り入ること。また、そのさま。
② 転じて、前置きをぬきにして、ただちに要点に入ること。遠まわしな表現をしないで、直接問題点に触れること。また、そのさま。
※丱余集(1409頃)上・覚禅人求警策語「単刀直入昏蒙去。金色花開鉄樹枝」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉二「単刀直入(タンタウチョクニフ)に書いて了へば、一番簡単だったが」 〔景徳伝燈録〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単刀直入の関連情報