コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県木 ケンボク

デジタル大辞泉の解説

けん‐ぼく【県木】

都道府県で、郷土を代表するものとして選び定められた木。栃木県のトチノキ、茨城県のウメ、広島県のモミジなど。→県花県鳥
[補説]県木一覧
北海道エゾマツ
青森ヒバ
岩手ナンブアカマツ
宮城ケヤキ
秋田アキタスギ
山形サクランボ
福島ケヤキ
茨城ウメ
栃木トチノキ
群馬クロマツ
埼玉ケヤキ
千葉マキ
東京イチョウ
神奈川イチョウ
新潟ユキツバキ
富山タテヤマスギ
石川アテ(ヒノキアスナロ
福井マツ
山梨カエデ
長野シラカバ
岐阜イチイ
静岡モクセイ
愛知ハナノキ
三重神宮スギ
滋賀モミジ
京都北山スギ
大阪イチョウ
兵庫クスノキ
奈良スギ
和歌山ウバメガシ
鳥取ダイセンキャラボク
島根クロマツ
岡山アカマツ
広島モミジ
山口アカマツ
徳島ヤマモモ
香川オリーブ
愛媛マツ
高知ヤナセスギ
福岡ツツジ
佐賀クスノキ
長崎ツバキヒノキ
熊本クスノキ
大分ブンゴウメ
宮崎フェニックスヤマザクラ・オビスギ
鹿児島カイコウズクスノキ
沖縄リュウキュウマツ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんぼく【県木】

各都道府県を代表するものとして、県ごとに定められた木。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

県木
けんぼく

各都道府県を代表する郷土の木。1965年(昭和40)毎日新聞社が主催し、万国博覧会開催にあわせて国土緑化推進機構と全国知事の協力を得、住民の投票によって選定した。選定基準は、(1)県民にとくに親しまれている、(2)郷土の産業や観光に関係深い、(3)学術的にも貴重なもの、(4)各地の文学や歴史に由緒深い木、などである。宮城・福島・埼玉のケヤキ、群馬・島根のクロマツ、東京・神奈川・大阪のイチョウ、福井・愛媛のマツ、岡山・山口のアカマツ、兵庫・佐賀・熊本のクスノキのように複数の県にわたって選ばれた木も多い。また広島のモミジ、香川のオリーブ、佐賀のクスノキ、大分のブンゴウメのように県花と同じ木もある。一般にマツやスギが多いが、北海道のエゾマツ、青森のヒバ、秋田のスギ、京都の北山スギ、奈良のスギ、高知のヤナセスギのように林業生産と関連して選定されたものもある。山形のサクランボ、長野のシラカバ、宮崎のフェニックスなどは風土性をよく示している。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の県木の言及

【県花・県木】より

…県花は〈県の花〉ともいわれ,都道府では〈都花〉〈道花〉〈府花〉という。県木は〈県の木〉ともいわれる。
[県花]
 県花の選定は,1953年に行われた〈郷土の花〉選定運動に端を発している。…

※「県木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県木の関連情報