破格(読み)はかく

精選版 日本国語大辞典「破格」の解説

は‐かく【破格】

〘名〙 (形動)
① きまりや先例ること。標準を破ること。通常の程度を甚だしく超えること。また、そのさま。特例。格別。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「其秘書官となったのは、実に破格の優遇であって」 〔余叢考‐一八〕
② 詩や文章などできまりにはずれること。格調にはずれること。また、そのさま。
※抒情詩(1897)花ふゝき〈太田玉茗〉序「文法は破格を許さぬにあらねど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「破格」の解説

は‐かく【破格】

[名・形動]
しきたりや通例を破って、並はずれていること。また、そのさま。「破格な(の)安値」
詩や文章などで、普通のきまりからはずれていること。また、そのさま。「破格な(の)文体」
[類語]変格変則イレギュラー変則的異例珍しい異常特異異状非常別条異様奇警法外理不尽非理不条理不合理非合理れる脱線狂い踏み外す逸脱ずれるずれ型破り例外例外的風変わり格外

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「破格」の解説

【破格】はかく

格外。

字通「破」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android