理不尽(読み)りふじん

精選版 日本国語大辞典「理不尽」の解説

り‐ふじん【理不尽】

〘名〙 (形動) 道理をつくさないこと。また、すじみちの通らないこと。道理に合わないこと。また、そのさま。むりむたい。
類聚国史‐八〇・解由・貞観九年(867)一一月一一日「不解由状、依理不尽返却者、十日之内、便令改弁
太平記(14C後)一五「山門も又以前の嗷儀を例として、理不尽(リフジン)を徹却せんと欲す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「理不尽」の解説

り‐ふじん【理不尽】

[名・形動]道理をつくさないこと。道理に合わないこと。また、そのさま。「理不尽な要求」「理不尽な扱い」
[派生]りふじんさ[名]
[類語]不合理非合理無理無体無茶非理不当不条理不自然突拍子もない言語道断無茶めちゃむちゃくちゃめちゃくちゃめちゃめちゃ滅法法外変則的変則変格破格イレギュラー異例珍しい異常特異異状非常別条異様奇警れる外れる脱線狂い踏み外す逸脱ずれるずれ型破り例外例外的風変わり格外

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android