コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福知山[市] ふくちやま

百科事典マイペディアの解説

福知山[市]【ふくちやま】

京都府中部の市。1937年市制。中心市街は福知山盆地西部,由良川と支流土師(はぜ)川の合流点にあって由良川水運の要地であったが,1579年明智光秀の築城後城下町としても発展。北部大江山付近は,丹後天橋立大江山国定公園に属する。山陰本線,舞鶴若狭自動車道が通じ,福知山線,北近畿タンゴ鉄道が分岐する。大正期に製糸工場ができ工業化がはじまった。1974年長田野工業団地が完成,精密機器,金属,機械,電機などの工場が立地,製造品出荷額の伸びが著しい。農業は減少しているが,米作を中心に,キュウリ,豆,茶を栽培,たけのこも産する。丹波国天田郡の式内社4座(生野神社・奄我神社・天照玉命神社・荒木神社)がすべて市域にあり,ほかに城下の家中,町人が信仰した朝暉(あさひ)神社・一宮(いっきゅう)神社がある。市域の北部,もと丹波・丹後境であった三岳(みたけ)山は古くから山岳霊場として開かれ,蔵王権現(現三嶽神社)がまつられていた。古刹に臨済宗南禅寺派醍醐寺・長安寺,高野山真言宗金光(きんこう)寺・威光(いこう)寺・観音寺,臨済宗妙心寺派天寧(てんねい)寺などがある。2006年1月加佐郡大江町,天田郡夜久野町,三和町を編入。552.54km2。7万9652人(2010)。→福知山
→関連項目雀部荘福知山線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくちやま【福知山[市]】

京都府北西部の市。1937年市制。人口6万6761(1995)。市域は,由良川中流に東西にのびる福知山盆地の西半部と,その周辺の丘陵,山地にまたがる。中心市街は由良川と土師(はぜ)川の合流点に接し,古来しばしば水害をこうむった。盆地縁辺部の台地には縄文時代の遺物出土地や多くの古墳など遺跡が少なくない。平安時代末期から中世にかけては皇室領六人部(むとべ)荘,松尾社領雀部(ささいべ)荘など,いくつもの荘園が置かれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の福知山[市]の言及

【京都[府]】より


[沿革]
 現在の京都府域は,かつての山城国と丹後国の全域および丹波国の大半からなっている。幕末には天領,旗本領,皇室領,公家領,寺社領が入りくみ,また淀,宮津,田辺,峰山,亀山,園部,綾部,山家,福知山の小藩が分立していた。1868年(明治1)京都府が設置され,山城1国が管轄と定められた。…

※「福知山[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android