コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福知山[市] ふくちやま

百科事典マイペディアの解説

福知山[市]【ふくちやま】

京都府中部の市。1937年市制。中心市街は福知山盆地西部,由良川と支流土師(はぜ)川の合流点にあって由良川水運の要地であったが,1579年明智光秀の築城後城下町としても発展。
→関連項目雀部荘福知山線

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくちやま【福知山[市]】

京都府北西部の市。1937年市制。人口6万6761(1995)。市域は,由良川中流に東西にのびる福知山盆地の西半部と,その周辺の丘陵,山地にまたがる。中心市街は由良川と土師(はぜ)川の合流点に接し,古来しばしば水害をこうむった。盆地縁辺部の台地には縄文時代の遺物出土地や多くの古墳など遺跡が少なくない。平安時代末期から中世にかけては皇室領六人部(むとべ)荘,松尾社領雀部(ささいべ)荘など,いくつもの荘園が置かれていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の福知山[市]の言及

【京都[府]】より


[沿革]
 現在の京都府域は,かつての山城国と丹後国の全域および丹波国の大半からなっている。幕末には天領,旗本領,皇室領,公家領,寺社領が入りくみ,また淀,宮津,田辺,峰山,亀山,園部,綾部,山家,福知山の小藩が分立していた。1868年(明治1)京都府が設置され,山城1国が管轄と定められた。…

※「福知山[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福知山[市]の関連キーワード式内社

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android