秘密保護法(読み)ヒミツホゴホウ

デジタル大辞泉「秘密保護法」の解説

ひみつほご‐ほう〔‐ハフ〕【秘密保護法】

《「日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法」の略称日米相互防衛援助協定MDA協定)・日米船舶貸借協定日米艦艇貸与協定に基づいて米国政府から供与された船舶・航空機・武器・弾薬などに関する情報を特別防衛秘密として保護し、その探知・収集・漏洩に対する罰則を規定した協定。防衛秘密保護法日米秘密保護法MDA秘密保護法MSA秘密保護法。→特定秘密保護法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「秘密保護法」の解説

ひみつほご‐ほう ‥ハフ【秘密保護法】

「日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法」の略称。昭和二九年(一九五四公布。日米間相互防衛援助協定・日米間船舶貸借協定・対日合衆国艦艇貸与協定に伴い制定され、防衛秘密の探知・収集・漏泄(ろうせつ)とその未遂教唆扇動等に対する罰則規定を主内容とする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「秘密保護法」の解説

ひみつほごほう【秘密保護法】

通常は〈日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法〉(1954公布)の略称である(防衛秘密保護法とも略称される)。広義では一定領域における秘密事項の探知や漏示を禁止したり処罰する法規総称である。個人の秘密,軍事秘密,外交秘密,一般行政上の秘密,企業秘密などが問題となり,具体的には公務員守秘義務を定めた国家公務員法等の規定や刑法秘密漏示罪の規定などがここに含まれる。そしてこれらの秘密を法的にどう保護するかについては,知る権利などとの関連で多くの議論がなされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の秘密保護法の言及

【防衛秘密保護法】より

…〈日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法〉(1954公布)の略称。単に秘密保護法ともいわれる。…

※「秘密保護法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android