コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端唄・端歌 はうた

大辞林 第三版の解説

はうた【端唄・端歌】

〔雑多な歌の意〕
三味線音楽の一種目。江戸中期・末期に江戸市中で大流行した通俗的な小歌曲を源流とする。明治以後は、主に花柳界の酒席の座興として盛行し、レコード・ラジオによって一般大衆にも広まった。うた沢と小唄はここからの分派である。江戸端唄。 《端唄》
地歌の曲種の一。上方のはやり歌(端歌)や芝居歌などの様式を摂取した歌物。曲風は多様。十八世紀中に多数作曲され、現行の地歌や曲目の大半を占めている。上方端歌。 《端歌》
江戸後期の流行歌謡類の総称。 → 小歌

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone