コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊急警報放送 きんきゅうけいほうほうそう emergency warning broadcast system

4件 の用語解説(緊急警報放送の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緊急警報放送
きんきゅうけいほうほうそう
emergency warning broadcast system

非常災害時において,予報や警報などの緊急を要する情報を受信者にいち早く知らせるため,放送局が緊急放送をする直前に,放送電波に特殊な信号を重畳し,受信機のスイッチを強制的にオンにさせ,受信者に必要な情報を確実に伝達する放送システム

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

緊急警報放送

85年、電波法の運用規則改正で始まった。東海地震警戒宣言津波警報災害対策基本法に基づく知事などの要請――の三つの場合に放送される。87年の宮城県沖地震での津波警報時以来、13回放送されている。

(2006-08-20 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんきゅうけいほう‐ほうそう〔キンキフケイホウハウソウ〕【緊急警報放送】

東海地震の警戒宣言の発令、津波警報の発令、地方自治体の長から要請のあった場合に、テレビラジオで流される緊急放送。EWS(emergency warning system)。
[補説]専用の受信機があれば、テレビ・ラジオが通電待機状態であっても自動的にスイッチが入り、放送が流れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

緊急警報放送【きんきゅうけいほうほうそう】

災害時の緊急警報をテレビジョンやラジオ,携帯電話などで伝えるシステム。電波に混ぜられた特殊信号により,受信機につけられたアダプターが作動し,電源の切れた受信機でも自動的に電源が入るようになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

緊急警報放送の関連キーワード警戒宣言東海地震関連情報警戒警報発令津波警報大津波警報東海地震の被害想定避難勧告の発令基準宝永地震と安政東海・南海地震東海地震の予知

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緊急警報放送の関連情報