羅生門(読み)らしょうもん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅生門(映画)
らしょうもん

日本映画。1950年(昭和25)公開の大映作品。芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)が『今昔物語集』に題材を得て書いた小説『藪(やぶ)の中』を橋本忍(しのぶ)が脚本化し、黒澤明が加筆して監督したものである。平安時代末期の京の荒れ果てた羅生門で、雨宿りをしている僧と木こりが、こもごも今見てきた裁判の経過を語る。それは一つの強姦(ごうかん)殺人事件をめぐる当事者と目撃者の四つの物語である。同じ一つの事件を4人がそれぞれ違う立場で述べると事実関係まで違ってくる。この映画は、いったい真実は何なのか、と観る者に探らせる手法をとる。三船敏郎(としろう)、京マチ子、森雅之(まさゆき)、志村喬(たかし)の名演と、宮川一夫(1908―1999)の黒白映像の粋(すい)を凝らした撮影を得て、黒澤明の映画的感覚がさえた傑作となった。1951年のベネチア国際映画祭に出品されて、欧米の巨匠たちの作品を抑えてグランプリを受賞したが、これはそれまで国際的にはほとんど知られていなかった日本映画の存在を、世界に知らしめた映画史上の画期的な出来事であり、以後日本映画は続々と海外に進出することとなった。[佐藤忠男]
『『全集 黒澤明 第3巻 羅生門、白痴、生きるの頃』(1988・岩波書店) ▽野上照代著『黒澤明 MEMORIAL10 別巻2 羅生門』(2011・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羅生門の関連情報