コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船町 ふなまち

世界大百科事典内の船町の言及

【最上川】より

大石田が河港として画期的な発達をみるのは,山形の最上氏が1600年(慶長5)の出羽合戦で,村山,最上と庄内も領有するようになってからである。慶長末年には山形の外港として,最上川支流の須川にある船町も立てられた。上流は左沢(あてらざわ)(現,大江町)が終点とされたが,94年(元禄7)米沢の御用商人西村久左衛門らの開削によって置賜(おきたま)盆地にも通じるようになった。…

※「船町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

船町の関連キーワード熊本県上益城郡御船町辺田見熊本県上益城郡御船町水越熊本県上益城郡御船町木倉熊本県上益城郡御船町小坂熊本県上益城郡御船町滝尾熊本県上益城郡御船町田代熊本県上益城郡御船町七滝熊本県上益城郡御船町豊秋熊本県上益城郡御船町上野熊本県上益城郡御船町滝川熊本県上益城郡御船町高木熊本県上益城郡御船町御船熊本県上益城郡御船町陣TOTO歴史資料館北陸線電化記念館九州横断自動車道御船町恐竜博物館上益城広域連合熊本県上益城郡河岸八町米仲買

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船町の関連情報