コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山[温泉] にしやま

世界大百科事典 第2版の解説

にしやま【西山[温泉]】

山梨県南巨摩(みなみこま)郡早川町にある温泉。赤石山脈東麓を流れる富士川の支流早川と湯川合流点にあり,周囲を標高2000mを超える高山に囲まれ,早川の渓谷美にも恵まれる。食塩泉,42~45℃。泉源糸魚川‐静岡構造線に沿う大断層破砕帯にある。奈良時代の開湯と伝えられ,古くから湯治客や白根三山への登山者たちに親しまれてきた。上流の西山ダム(1957完成)の建設に伴う自動車道路の開通により,JR身延線身延駅からバスが通じるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android