コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリ

デジタル大辞泉の解説

がり【許】

《「かあ(処在)り」の音変化という》
[接尾]人を表す名詞または代名詞に付き、その人のいる所へ、…のもとに、の意を表す。
「妹(いも)―と馬に鞍置きて生駒山(いこまやま)うち越え来ればもみち散りつつ」〈・二二〇一〉
[名]が形式名詞化したもの》人を表す名詞に助詞「」を介して付き、その人のもとに、の意を表す。
「約束の僧の―ゆきて」〈宇治拾遺・七〉

きょ【許】[漢字項目]

[音]キョ(漢) [訓]ゆるす もと がり ばかり
学習漢字]5年
〈キョ〉
願いを聞き入れる。ゆるす。「許可許諾許否許容允許(いんきょ)官許裁許聴許特許認許免許黙許
おおよその数量を表す語。ばかり。「許多(きょた)少許
〈もと〉「親許口許国許枕許(まくらもと)目許
[名のり]ゆく
[難読]許多(あまた)許婚(いいなずけ)許嫁(いいなずけ)幾許(いくばく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

許【ゆるし】

日本の伝統芸能用語。技芸や技能の伝承において,その相伝内容に初許(はつゆるし)・裏許・中許・奥許などの段階を設け,各段階ごとに,師匠から弟子に伝授の印可証明(免状)を与える制度。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

がり【許】

( 接尾 )
〔「かあり(処在)」の転といわれる〕
人を表す名詞または代名詞に付き、「…の所へ」「…の許もとに」の意を表す。 「妹ら-わがゆく道の細竹しのすすきわれし通はば靡け細竹原しのはら/万葉集 1121
人を表す名詞に助詞「の」を介して付き、「その人の許に」の意を表す。 「さしたる事なくて人の-ゆくはよからぬ事なり/徒然 170」 〔からの転で、形式名詞的用法のもの〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

許の関連キーワードシュイティーシャン許す・赦す・聴すのこのこさいさいシュイコワンピンシューチャン心行く許り城上胛巨茂夢かと許り乱世の英雄いいなずけ藤井さやか関税譲許表日夏英太郎協定税率其れ許り平番始末廊廟の器五老井忌飛び退る如何許り

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

許の関連情報