詔・勅(読み)みことのり

精選版 日本国語大辞典「詔・勅」の解説

みこと‐のり【詔・勅】

〘名〙 (「御言宣(みことのり)」の意)
① 天皇が仰せになること。また、そのおことば。仰せ言。大御言(おおみこと)
書紀(720)仁徳四〇年是歳(前田本訓)「疑ひて有司(つかさ)に命(ミコトノリ)しての玉を所得(えし)由を推問はしめたまふ」
古文書様式の一つ。天皇の命令を直接に下す文書。養老令の公式令(くしきりょう)にはの二つの様式が規定されており、詔は臨時の大事の場合、勅は尋常の小事の場合の文書とされる。勅は漢文体で書かれ、詔には漢文体のものと宣命体のものがあり、宣命体のものは宣命使が直接に、官人・衆庶に読み聞かせた。詔(しょう)詔書(しょうしょ)。勅(ちょく)勅旨(ちょくし)
※続日本紀‐天平元年(729)八月二四日・宣命「天皇(すめら)詔旨(おほみこと)らまと今勅(のりたま)へる御事法(みことのり)は、常の事には有らず」
③ 天皇が親しく国民にあらわされる御心。法律・勅令等法定の形式によらないで天皇が表示される御心。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android