豊浜[町](読み)とよはま

百科事典マイペディア「豊浜[町]」の解説

豊浜[町]【とよはま】

広島県南部,豊島大崎下島西部,三角(みかど)島西部,斎(いつき)島,尾久比(おくび)島からなる豊田郡の旧町。集落は豊島東岸の小野浦。斜面でのミカンの栽培,タイなどの漁業が主。マダイの一本釣りが盛ん。呉市仁方港から船便がある。周辺はアビ渡来群遊海面(天然記念物)。2005年3月安芸郡音戸町,倉橋町,蒲刈町,豊田郡安浦町,町と市へ編入。11.64km2。2178人(2003)。

豊浜[町]【とよはま】

香川県西部,三豊郡の旧町。(ひうち)に面する古くからの港町予讃線高松自動車道が通じ,製綿をはじめ,紡績,製めん,醸造などの工業が行われる。山麓部では果樹栽培が盛ん。米,野菜も産する。海岸海水浴場。2005年10月三豊郡大野原町と観音寺市へ編入。16.67km2。9064人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「豊浜[町]」の解説

とよはま【豊浜[町]】

広島県南部,豊田郡の町。1969年町制。人口2533(1995)。町域は安芸灘に浮かぶ豊島,大崎下島西部,三角(みかど)島西部,斎(いつき)島,尾久比(おくび)島からなる。豊島東部の小野浦が中心集落で,古くから漁港として発展し,タイの一本釣り,はえなわ漁業が盛んである。平地が乏しく,島の傾斜地ではミカンの栽培が行われている。豊島と大崎下島は豊浜大橋で結ばれている。豊島の南にあるアビ渡来群遊海面は国の天然記念物に指定されている。

とよはま【豊浜[町]】

香川県南西端,三豊郡の町。人口9371(1995)。燧(ひうち)灘に面し,南東部は讃岐山脈から続く丘陵性山地で,北は三豊平野南端を占める。古くから伊予へ通じる交通の要衝で,港町また金刀比羅(ことひら)参詣宿場として栄えた。予讃線,国道11号,377号線が通じる。農業は米作を主として,野菜,ミカンなどの栽培が盛んである。近海漁業は不振でノリ養殖が行われる。工業は大手企業の紡績工場を除くと中小工場が多く,特産に乾めん,漆器などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android