コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野島崎 のじまざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野島崎
のじまざき

千葉県南部,房総半島の最南端にある南房総市に属する。もとは島であったが,元禄16(1703)年の元禄地震により隆起して半島とつながり,さらに 1923年の関東地震(→関東大震災)で隆起した。高さ 100mに及ぶ海食崖が北風を防ぎ,黒潮の影響もあって,無霜地帯になっている。花卉や野菜の促成栽培が行なわれ,岩礁の多い海岸ではテングササザエなどが採取される。先端には明治2(1869)年建設の灯台がある。南房総国定公園に属し,大規模な観光ホテルや民宿,みやげ物店などが集中している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

野島崎【のじまざき】

千葉県房総半島最南端の岬。もと島であったが1703年の地震で隆起し半島状になる。15世紀の《廻国雑記》にみえ,江戸時代には伊豆半島と結ぶ航路もあった。岬には1869年建設の野島崎灯台(高さ38m,光達距離17カイリ)がある。
→関連項目白浜[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のじまざき【野島崎】

千葉県南端,安房郡白浜町にある岬。もとは島であったが,1703年(元禄16)の地震で隆起して半島状の岬となり,1923年の関東大地震で岩礁海岸となった。岬付近一帯は海岸段丘の発達が顕著である。先端に1869年(明治2)に点灯した日本最初の洋式灯台野島埼灯台が標高40mの岩礁に立っている。海女によりアワビ,サザエ,テングサが採取され,海岸段丘では無霜地のため京浜市場向けの草花や野菜の促成栽培が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のじまざき【野島崎】

千葉県南部、房総半島最南端の岬。1703年の大地震で沖合の島が隆起して岬になったもの。先端に日本最初の灯台がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕野島崎(のじまざき)


千葉県房総(ぼうそう)半島南端の岬。一帯は典型的な隆起岩礁海岸が連続。野島埼(さき)灯台は1869年(明治2)に建てられた日本で2番目の洋式灯台で、参観灯台として一般公開されている全国15ヵ所のうちの一つ。冬も温暖な気候と海岸美に恵まれた有数の観光地で、南房総国定公園に属する。お花畑の中を房総フラワーラインが走る。岬近くに海洋美術館がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野島崎
のじまざき

千葉県南部、南房総(みなみぼうそう)市白浜(しらはま)町地区にある岬。房総半島最南端に位置する。突端に1868年建設の灯台がある。1703年(元禄16)の大地震で、野島が半島状につながり、さらに1923年(大正12)の関東地震の際、1.8メートルも隆起し、大岩礁地帯となった。南房総国定公園の観光拠点で、ホテル、民宿、土産(みやげ)物店、食堂などが集中しているが、一方、海女(あま)によるアワビ、サザエなどの磯根(いそね)漁業やキンセンカなどの花栽培を組み合わせた半農半漁業が行われる。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野島崎の関連キーワード灯台(lighthouse)ビキニ事件と三崎港白浜(千葉県)神子元島燈台白浜[町]浅間丸事件岬(地形)あたご事故相模灘白浜城外房海難沖合

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野島崎の関連情報