鶴岡[市](読み)つるおか

百科事典マイペディアの解説

鶴岡[市]【つるおか】

山形県北西部,庄内平野南西部とその南の山地を占める市。1924年市制。中心市街は1622年酒井忠勝の移封後城下町として発展,丁字路が多く城下町の形態がよく残る。羽越本線,山形自動車道,日本海東北自動車道が通じる。絹織物農機具,家具,バドミントンラケット,ベニヤ板を生産し,伝統的な花蝋燭,羽二重も有名。1970年代から工業団地の造成が進み,機械工業などが誘致されている。平野部は庄内米多産地で,大山地区は清酒を産する。湯田川温泉,湯野浜温泉,温海温泉など温泉資源に富むほか,致道博物館,念珠関跡,羽黒山などの観光地がある。2005年10月西田川郡温海町,東田川郡櫛引町,羽黒町,藤島町,朝日村を編入。1311.53km2。13万6623人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つるおか【鶴岡[市]】

山形県北西部の市。1924年市制。人口10万0538(1995)。庄内平野の南西部に位置し,東端を赤川が北流,西は日本海に面する。冬季は北西風が強く,交通の障害となる地吹雪がおこりやすい。羽越本線と国道7号線が市域を東西に貫通し,国道112号線が山形市に通じ,庄内米作地帯をひかえた庄内地方南部の商業中心をなす。近世は庄内藩の城下町として発展,今も屈曲した街路などに城下町のおもかげをとどめる。明治時代に入るとしゅす(繻子)や羽二重などの絹織物業が隆盛をきわめたが,第2次大戦後は農機具や木工家具の製造も行われるようになり,さらに1973年完成の鶴岡中央工業団地などを中心に電気機器,輸送用機械などの工業立地が進んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鶴岡[市]の言及

【庄内平野】より

…山形県の酒田市と鶴岡市を中心に飽海(あくみ)郡,東田川郡にわたる沖積平野。庄内の名は中世の大泉荘(庄)に属したことに因むという。…

※「鶴岡[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android