黒田 清隆(読み)クロダ キヨタカ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

黒田 清隆
クロダ キヨタカ


肩書
第2代首相,枢密院議長,元老

別名
号=羽皐 通称=了介

生年月日
天保11年10月16日(1840年)

出生地
薩摩国鹿児島城下(鹿児島県)

経歴
薩長連合の成立に尽力、早くから西郷隆盛、大久保利通の知遇を得る。戊辰戦争では五稜郭攻撃に参謀として活躍。維新後、外務権大丞、兵部大丞を経て、明治3年開拓次官、8年長官となり、北海道開拓に専心する。9年江華島事件に際して、特命全権大使として朝鮮に赴き、軍事力を背景に日朝修好条規を締結。しかし、14年起きた開拓使官有物払下げ事件で世論の糾弾を受け、一時内閣顧問の閑職に追いやられる。20年第一次伊藤内閣の農商務相となり、翌年首相に就任。在任中、帝国憲法が発布され、条約改正に努めるが、1年で降板。のち28年に枢密院議長に任ぜられた。

受賞
大勲位菊花大綬章〔明治33年〕

没年月日
明治33年8月23日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

黒田 清隆 (くろだ きよたか)

生年月日:1840年10月16日
明治時代の政治家。総理大臣
1900年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田 清隆の関連情報