コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《鶯》 うぐいす

世界大百科事典内の《鶯》の言及

【豊田四郎】より

…その後,ふたたび5年間の助監督生活を余儀なくされるという曲折があったが,1936年,松竹の監督であった重宗和伸(1896‐1971)が前年に設立した東京発声映画製作所に入社し(1941年,解散して東宝に吸収される),北国のアメリカ系ミッション・スクールを舞台に自由なモラルを描いた石坂洋次郎のベストセラー小説をみずみずしい手法で映画化した《若い人》(1937)で認められ,一流監督として知られるようになった。 以後,林芙美子原作《泣虫小僧》(1938),阿部知二原作《冬の宿》(1938),伊藤永之介原作《鶯》(1938)など一連の〈文芸映画〉のなかで,暗い時代の日本の庶民像を描き出していった。愛国婦人会を創設した明治の女傑の半生を描いた伝記映画《奥村五百子》(1940),ハンセン病療養所で献身する若い女医の実話をリリカルなヒューマニズムで描いた《小島の春》(1940)などをへて,戦後も丹羽文雄原作《女の四季》(1950),森鷗外原作《雁》(1953),有島武郎原作《或る女》(1954),室生犀星原作《麦笛》(1955),織田作之助原作《夫婦善哉》(1955),谷崎潤一郎原作《猫と庄造と二人のをんな》(1956),川端康成原作《雪国》(1957),志賀直哉原作《暗夜行路》(1959),永井荷風原作《濹東綺譚》(1960)と〈文芸映画〉の系列がある。…

※「《鶯》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

《鶯》の関連キーワード鶯合わせ・鶯合せ・鴬合わせ・鴬合せ鶯染め・鶯染・鴬染め・鴬染鶯の卵の中のほととぎす手振り鶯・手振り鴬春鶯囀・春鴬囀朝鮮鶯・朝鮮鴬老い鶯・老い鴬言仲那言匕盛夏鶯・夏鴬鶯色・鴬色初鶯・初鴬鶯舌・鴬舌鶯羹・鴬羮老鶯・老鴬野司・野阜晩鶯・晩鴬鶯笛・鴬笛鶯茶・鴬茶鶯語・鴬語藪鶯・薮鴬

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android