コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『枕草子』 マクラノソウシ

2件 の用語解説(『枕草子』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『枕草子』

清少納言
春は、曙。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこし明りて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。\(一〇〇一頃)

『枕草子』

清少納言作。随筆。成立については長徳元(九九五)年から同二年、長保二(一〇〇〇)年あたりまで諸説がある。宮廷生活を中心に、四季の移ろい、人間の営みについての見聞や随想を的確な観察眼と才気煥発な文体とで描く。みずみずしい感覚と知性に支えられた、『源氏物語』と並ぶ、平安期散文芸術の頂点の一つ。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『枕草子』の関連キーワード少納言枕草子少納言局書誌清女納言小馬命婦(2)少納言典侍少納言内侍(1)藤原親家(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『枕草子』の関連情報