コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しんみり シンミリ

デジタル大辞泉の解説

しんみり

[副](スル)
心静かに落ち着いているさま。しみじみ。「親子水入らずでしんみり(と)語り合う」
もの寂しく、湿っぽい気分になるさま。「別れのあいさつにしんみり(と)する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんみり

( 副 ) スル
(「と」を伴っても用いる)
落ち着いて静かなようす。しみじみ。 「 -(と)話す」
さびしく静かなさま。しめやか。 「故人をしのんで-(と)する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しんみりの関連キーワードジョン キアルディ坂田兵四郎(初代)良寛と子守二上り新内めりやす金谷丹前下座音楽薩摩琵琶しっぽりしめやかさめざめしめやぐしんめりほちほちしめじめ上方舞しのに紙砧徒然故人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しんみりの関連情報