だって(読み)ダッテ

デジタル大辞泉の解説

だって[接]

[接]《助詞「だって」の接続詞化したもの》相手に反論したり、相手の反対を予想しつつ理由や言い訳を述べる場合に用いる。そうはいっても。でも。なぜかというと。「とても間に合いません。だって人手が足りません」

だって[接助・係助・終助]

[接助]《接続助詞「たって」が、ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の連用形に付く場合の形》「たって」に同じ。「ここなら泳いだってかまわない」
[係助]《断定の助動詞「だ」に係助詞「とて」の付いた「だとて」の音変化という》名詞・副詞、一部の助詞に付く。「でも」に似るが、語調がより強い。
ある事柄を例示し、それが他と同類、または、同様であるという意を表す。…もやはり。…でも。「鯨だって人間の仲間だ」「ここからだって見える」
いくつかの事柄を並べて例示し、すべてが同類であるという意を表す。「水銀だってだって公害のもとだ」「野球だってテニスだってうまい」
疑問・不定を表す語、または、数量・程度を表す語に付いて、例外なくそうである意を表す。…でも。…も。「だれだって知っている」「一度だって姿を見せない」
[終助]《係助詞「だって」の文末用法から》引用句に付く。相手の言葉に対して、非難・驚きの気持ちを込めて強調する意を表す。「欲しいくせに、いらないだってさ」「なぜ休んだかだって。病気だよ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だって

( 接続 )
〔助詞「だって」が接続詞化したもの〕
相手の言葉に反対したり、相手の反対を予想したりして、そうなった事情を説明する時に用いる。そうではあるが。でも。 「『なぜ遅れた』『-、電車が故障したんだもの』」 「私は行けません。-、病気なんです」

だって

( 接助 )

だって

〔断定の助動詞「だ」に助詞「とて」の付いた「だとて」の転。近世江戸語以降の語。くだけた話し言葉に用いる〕
( 係助 )
体言またはそれに助詞の付いたもの、副詞などに接続する。特にある事物をとりあげて示す。「も」にくらべて語調が強い。
ある特別と思われる場合をあげて、それも他と同様であるということを表す。「…もやはり…だ」「…であっても…だ」の意を表す。…でも。 「さる-木から落ちるさ」 「ぼくに-チャンスはある」 「今すぐ-いいよ」
いくつかの物事を代表として例示し、他もそれと同様であるということを表す。 「君-、ぼく-、みんな仲間だ」 「新宿-、銀座-、君の好きな所でいいよ」
不定称の指示語に付き、肯定の語と呼応して、全面的な肯定を表す。 「だれ-、行ける所だ」 「いくら-あるさ」
不定称の指示語、数量・程度を表す語などに付いて、否定の語と呼応して、全面的な否定を表す。 「だれ-死にたくない」 「いっぺん-来たことがない」
( 終助 )
ある人の言葉を受けて、それが意外であると、驚きや非難の気持ちをこめて述べる場合に用いられる。 「こんなに暖かいのに、寒いね-。この子、風邪でも引いたのかしら」 「ぼくは全然気がつかなかった-。よく知っていたくせに」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だって

[1] (助動詞「だ」に助詞「とて」の付いた「だとて」が変化したもの) 体言または体言に格助詞の付いたものをうけ、副助詞的に、くだけた話しことばとして用いる。…でも。
※洒落本・富賀川拝見(1782)山本屋の段「あの人だってそれ程の事の出来ねへ風でもねへさうだ」
※酒中日記(1902)〈国木田独歩〉五月六日「借金してだって、衣類(きもの)を質草に為(し)たって」
[2] 〘接続〙 ((一)の自立語化したもの)
相手のいう事柄などについて、不承知で反論する場合に用いる。そうはいっても。でも。だっても
※人情本・春色恋廼染分解(1860‐65)五「『吾儕(わたし)の体を〈略〉金にして持って往(い)って、お懸合ひなはいな』『だって、まさか左様(さう)も行くめえぢゃアねえか』」
② 先行する事柄について、その理由や言いわけを補足する場合に用いる。なぜかというと。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「だから僕(ぼか)ア議論して遣ったんだ。だって君、失敬ぢゃないか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だっての関連情報