コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はったり ハッタリ

デジタル大辞泉の解説

はったり[名]

相手を威圧するために、大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすること。また、その言動。「はったりをかける」「はったりをきかせる」
なぐること。また、おどすこと。
「わごりょ達が喧嘩仕掛けて物取るを、―というて今はやるげな」〈浄・双蝶蝶

はったり[副]

[副]
まったく。すっかり。
「―とうち忘れ、今日ふっと思ひ出し」〈浄・油地獄
十分に。しっかり。
「酒の燗―と致しまして」〈胆大小心録

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はったり

わずかなことを大げさに言ったり、ありもしない物事をあるように見せたりして他人を圧倒しようとすること。また、そういう言動。 「 -をきかせる」 「 -を言う」 「 -屋」
おどして金品を強奪すること。 「喧嘩仕掛けて物取るを-というて/浄瑠璃・双蝶蝶」

はったり

( 副 )
まったく。すっかり。 「それより-と打忘れ/浄瑠璃・油地獄
しっかりと。確かに。 「気を-と持たしやんせ/浄瑠璃・袂の白絞」
十分なさま。適当なさま。 「酒の燗-といたしまして/胆大小心録」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

はったりの関連情報