はったり

精選版 日本国語大辞典「はったり」の解説

はったり

〙 (多く「と」を伴って用いる)
① ゆったりと十分であるさまを表わす語。
(イ) 酒の(かん)の適当なさま。
※俳諧・胴骨(1678)何者「兼好もかんにんつよい世の中に〈西国〉 はったりとして一盃なる口〈由平〉」
(ロ) ゆとりがあって、こせつかないさま。
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「己に汚(けがれ)ぬやうにと計り思て、はったりと覚悟することがなかったぞ」
② 動作や状態が急激に転換したり、ある動作・状態に集中したりとらわれたりするさまを表わす語。はたと。
※俳諧・伊勢俳諧新発句帳(1659)冬「はったりと水に戸たつる氷かな〈好孝〉」

はっ‐たり

〘名〙 (動詞「はる(張)」の連用形に完了の助動詞「たり」が付いて一語化した語)
① なぐること。他人をおどすこと。
② けんかなどをしかけて、金品を強奪すること。ゆすり。恐喝(きょうかつ)。また、強盗、追剥ぎをいう。〔浄瑠璃・双蝶蝶曲輪日記(1749)〕
③ 相手をおどすようにおおげさに言ったり行動をしたりすること。実際以上に見せようとして、おおげさにふるまうこと。また、そのふるまい。
花冷え(1938)〈久保田万太郎〉五「化けて出る位のハッタリがあれば心配はねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「はったり」の解説

はったり[名]

相手を威圧するために、大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすること。また、その言動。「はったりをかける」「はったりをきかせる」
なぐること。また、おどすこと。
「わごりょ達が喧嘩仕掛けて物取るを、―というて今はやるげな」〈浄・双蝶蝶
[類語]偽り法螺そら嘘っぱち嘘八百虚偽偽善まことしやか二枚舌虚言虚辞そら言そら音もっともらしいでたらめ出任せ出放題荒唐無稽事実無根根も葉もない

はったり[副]

[副]
まったく。すっかり。
「―とうち忘れ、今日ふっと思ひ出し」〈浄・油地獄
十分に。しっかり。
「酒の燗―と致しまして」〈胆大小心録

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android