はったり

精選版 日本国語大辞典の解説

はったり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① ゆったりと十分であるさまを表わす語。
(イ) 酒の燗(かん)の適当なさま。
※俳諧・胴骨(1678)何者「兼好もかんにんつよい世の中に〈西国〉 はったりとして一盃なる口〈由平〉」
(ロ) ゆとりがあって、こせつかないさま。
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「己に汚(けがれ)ぬやうにと計り思て、はったりと覚悟することがなかったぞ」
② 動作や状態が急激に転換したり、ある動作・状態に集中したりとらわれたりするさまを表わす語。はたと。
※俳諧・伊勢俳諧新発句帳(1659)冬「はったりと水に戸たつる氷かな〈好孝〉」

はっ‐たり

〘名〙 (動詞「はる(張)」の連用形に完了の助動詞「たり」が付いて一語化した語)
① なぐること。他人をおどすこと。
② けんかなどをしかけて、金品を強奪すること。ゆすり。恐喝(きょうかつ)。また、強盗、追剥ぎをいう。〔浄瑠璃・双蝶蝶曲輪日記(1749)〕
③ 相手をおどすようにおおげさに言ったり行動をしたりすること。実際以上に見せようとして、おおげさにふるまうこと。また、そのふるまい。
※花冷え(1938)〈久保田万太郎〉五「化けて出る位のハッタリがあれば心配はねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はったり[副]

[副]
まったく。すっかり。
「―とうち忘れ、今日ふっと思ひ出し」〈浄・油地獄
十分に。しっかり。
「酒の燗―と致しまして」〈胆大小心録

はったり[名]

相手を威圧するために、大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすること。また、その言動。「はったりをかける」「はったりをきかせる」
なぐること。また、おどすこと。
「わごりょ達が喧嘩仕掛けて物取るを、―というて今はやるげな」〈浄・双蝶蝶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android