コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ようよう ヨウヨウ

デジタル大辞泉の解説

よう‐よう[副]

[副]一度口に入れた物を吐き出すときの声を表す語。
「大なる骨喉(のど)にたてて、―といひけるほどに」〈宇治拾遺・一三〉
[補説]歴史的仮名遣いは「ゑうゑう」とも表記。

よう‐よう[感]

[感]
人を誘ったり呼びかけたりするときに発する声。「ようよう、どこに行くのかね」
はやすとき、ひやかすときなどに発する声。「ようよう、ご両人」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようよう

( 感 )
呼びかける語。やあやあ。
はやしたてたり、ひやかしたりするときの掛け声。 「 -、色男」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ようようの関連キーワード物部広泉(もののべこうせん)会津藩 古文書造り茱萸袋・胡頽子袋貝回し・海蠃回し船遊び・舟遊び五節句・五節供加賀見山旧錦絵碁太平記白石噺節供(節句)スカイグレイ梨壺・梨壷九月の節句高きに登るひやかし楠部弥弌後日の菊押鎮める春廼舎朧加賀見山本意無い

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ようようの関連情報