コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカネ(茜) アカネRubia akane

3件 の用語解説(アカネ(茜)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカネ(茜)
アカネ
Rubia akane

アカネ科多年草で,東アジアの温帯に広く分布する。つる性で各節ごとに4枚の三角状心臓形の葉を輪生する。厳密にはこのうちの1対2枚が本来の葉で,あとの2枚は托葉といわれる。夏から秋にかけて,葉腋に集散花序を出し,淡黄色,白色5弁の小さな花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アカネ(茜)【アカネ】

アカネ科の多年生のつる草。本州〜九州,中国に分布し,山野にはえる。茎は4稜で,稜に下向きのとげがはえ,他物に引っ掛かりよじのぼる。葉は長い卵形で4枚輪生する。8〜10月に黄緑色の花をつけ,花冠は径3〜4mm,先が5裂。
→関連項目染料染料作物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカネ【アカネ(茜) (Indian) madder】

山野に普通にみられるアカネ科の多年草で和名は赤い根の意味(イラスト)。古代より染料植物としてよく知られ,この根の煎汁をつかって茜染をする。染色のさい灰分が多いと赤みが勝ち,少ないと黄みが勝つ。漢方ではアカネの根を茜草根(せいそうこん)とよび,止血や解熱強壮剤とし,咳止め,去痰作用や,平滑筋の収縮をうながす作用が知られている。茎葉も同様に薬用にされ,若芽は食用にされることがある。 茎は細く弱いが,長く伸びまたよく分枝して,逆とげにより他の植物にからまり繁茂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアカネ(茜)の言及

【セイヨウアカネ(西洋茜)】より

…根から赤色染料を採るために栽培されるアカネ科の多年草。原産地はヨーロッパから西アジアにかけての地域とされ,地中海沿岸で栽培されていた。つる性の茎は高さ50~80cm,よく枝分れし,短いとげがある。葉は広披針形で長さ3~5cm,茎に対生するが,それぞれに2枚の托葉がつくために6枚の葉が輪生しているように見える。夏から秋に,茎端や葉腋(ようえき)に花穂をつけ,淡黄色の小花が多数咲く。花は先端が5裂し直径5mmほど,おしべは5本である。…

【セイヨウアカネ(西洋茜)】より

…根から赤色染料を採るために栽培されるアカネ科の多年草。原産地はヨーロッパから西アジアにかけての地域とされ,地中海沿岸で栽培されていた。…

※「アカネ(茜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone