コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジサシ(鰺刺) アジサシtern

翻訳|tern

1件 の用語解説(アジサシ(鰺刺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アジサシ【アジサシ(鰺刺) tern】

チドリ目カモメ科アジサシ類の鳥の総称,またはそのうちの1種を指す。アジサシ類は世界で41種ほどが知られている。例外はあるが,一般に暖かい区域に分布し,とくに熱帯海域にすむものが多い。概してカモメ類より小型で,くちばしは細長くとがり,翼は細長く,尾も細長く燕尾形をしている。短い脚にはみずかきがあるが,泳ぐことはほとんどない。大部分の種は魚類を主食としており,空中で魚をさがし水面におりてとらえる。その場合,上空から水中に飛び込んでとらえるもの(鰺刺の名はこの餌のとらえ方に由来している)と,水面すれすれまで下がって,餌をつまみとるものがいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone