コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エロ エロ

3件 の用語解説(エロの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エロ

[名・形動]
《「エロチシズム」「エロチック」の略》エロチックであること。わいせつなこと。また、そのさま。「エロな話」「エロ本」
(他の語の上について)好色であること。いやらしいこと。また、そのさま。「エロおやじ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エロ

( 名 ・形動 )
エロチック・エロチシズムの略。 「 -映画」 「 -な話」

エロ【Gudmundur Gudmundsson Erró】

1932~ ) アイスランドの芸術家。宇宙飛行士とビーナスが並んだ風刺的なコラージュ絵画など、政治状況をパロディー化した作品を次々に制作した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエロの言及

【風刺画】より

…その中で成金の市参事会員の娘が一夜で貴婦人となり,フランス風ファッションを誇るが,ホガースは当時の上流階級のフランス文化への偏愛をも揶揄している。なおホガースはまた版画《性格と戯画Characters and Caricaturas》で,自然の正しい模倣から生まれた性格描写(ラファエロ,ホガース)と戯画(ゲッツィ,カラッチ,レオナルド・ダ・ビンチ)との相違を図例で示した。これによって戯画とは気ままで放縦な遊びの絵画であり,真の芸術ではないと表明した。…

※「エロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エロの関連キーワードシニシズムエキゾチシズムエログロエロチシズムエロチックネオロマンチシズムロマンチシズム打沈むネオプラスチシズムネオプラスティシズム

エロの関連情報