カラー(植物)(読み)カラー

百科事典マイペディアの解説

カラー(植物)【カラー】

オランダカイウ,カイウとも。サトイモ科。南アフリカ原産の球根類で,おもに切花として観賞するが,庭の水辺の栽植にも適する。葉は長い柄があり,三角状卵形で基部は心臓形。70〜80cmの花茎の先に漏斗(ろうと)状に巻いた白い大きな仏炎包をつけ,中に黄色の肉穂花序が1個直立する。花期は春〜初夏。分球または実生(みしょう)でふやす。葉が大きくて白斑のあるシラホシカイウ,葉に白斑があって仏炎包が黄色のキバナカイウ,高さが30cmくらいの矮(わい)性種で仏炎包が淡紫紅色をしたモモイロカイウ,さらに仏炎包の上半部が緑色になるグリーンカラーなどがあるが,近年はハイブリッドカラーと呼ばれる交雑品種群が生まれ,赤い仏炎包をもつものまである。
→関連項目球根

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android