コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンブリア紀 カンブリアきCambrian Period

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンブリア紀
カンブリアき
Cambrian Period

地質時代の年代区分の一つで,古生代の最初の。約 5億4100万年前から約 4億8540万年前までの期間。イギリスウェールズ北部のシルル系(→シルル紀)の下に重なる頁岩砂岩の一群の地層に対して,1836年アダムセジウィックが命名した。ウェールズの古称カンブリア Cambriaにちなむ。この紀には無脊椎動物のほとんどのが出そろっている。脊椎動物陸生動物はまだ出現しないが,原索動物に属する筆石類が知られている。三葉虫類が全盛をきわめ,腕足類主として無絞類)がこれに次ぐ。植物は藻類が発見されているだけで,陸生植物は報告されていない。堆積物は頁岩,砂岩が多いが,上部には石灰岩を伴うことがある。気候は全般的に湿潤温暖であったと思われる。大きな地殻運動はなかった。日本にはカンブリア紀の岩石は知られていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カンブリア紀【カンブリアき】

古生代最初の地質時代名。5億7000万年前から5億1000万年前まで。名称は,英国ウェールズのラテン名Cambriaに由来。この時代の地層には世界各地で産出化石の種類も数も多く,先カンブリア時代の化石が少ないのと対照的である。
→関連項目オルドビス紀甲冑魚古生代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンブリアき【カンブリア紀 Cambrian period】

古生代最初の紀で,今から約5億9000万年前から5億0500万年前までの,およそ8500万年の期間をいう。イギリスのカンブリア地方(ウェールズ地方の古名)に分布する地層にちなんで,1835年にA.セジウィックが命名した。 先カンブリア時代からは,殻や甲殻のような硬組織をもつ海生無脊椎動物の出現によって区別される。次のオルドビス紀とともに,三葉虫類が最もよく栄えた時代であり,紀の細分や古地理学的区分には,しばしば三葉虫群の特徴が使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カンブリアき【カンブリア紀】

古生代の最初の地質時代。約五億七五〇〇万年前から五億九〇〇万年前までの時期。先カンブリア時代とオルドビス紀の間。先カンブリア時代に比べて生物の種類・個体数が爆発的に増加した(特に藻類・無脊椎動物)。 〔カンブリアにこの時代の地層が発達していることにちなむ名称〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンブリア紀
かんぶりあき
Cambrian period

古生代の最初の地質時代。先カンブリア時代とオルドビス紀の間、約5億4100万年前から約4億8540万年前までの約5560万年の期間に相当する。カンブリア紀に形成された地層をカンブリア系という。カンブリア紀の名称は、模式地のイギリス、ウェールズ地方の古称カンブリアにちなんで、1836年にセジュウィックが命名した。生物界では、現生の無脊椎(むせきつい)動物の主要な門が、分類学的所属の明確にできない多様な無脊椎動物とともに大放散をとげ、この紀の終わりまでに出そろう。カナディアン・ロッキー山脈の高地に露出するバージェス頁岩(けつがん)層からは、カンブリア紀に無脊椎動物に爆発的放散が起こったことを示す多種多様な化石が発見されている。脊椎動物では、コノドント類やナメクジウオの仲間の原始的魚類が出現した。また原索動物の筆石(ふでいし)類は当紀の終わりに知られている。無脊椎動物門では、石灰質の外殻などの硬組織をもつものが一斉に出現し、先カンブリア時代に比べ化石の産出量が著しく多くなる。なかでも節足動物の三葉虫類と、海綿動物と腔腸(こうちょう)動物の中間的性質をもつ古杯類(古盃動物)が特徴的である。古杯類は、三葉虫類に先だち当紀のもっとも初期に栄えていた。三葉虫類は、当紀に知られている化石動物の全属種の過半数を占め、生物地理学的研究や地層の対比上もっとも重要なものである。
 植物界では藻類が主である。カンブリア紀の地層は、世界中の楯状地(たてじょうち)の周辺に広く分布し、東アジアでは、揚子江(ようすこう)盆地、黄河盆地、朝鮮半島に石灰岩や砕屑(さいせつ)岩類からなる海成層が知られている。[小澤智生・小林文夫]
『モリス・サイモン・コンウェイ著、松井孝典訳・監修『カンブリア紀の怪物たち――進化はなぜ大爆発したか』(1997・講談社) ▽リチャード・T・J・ムーディ、アンドレイ・ユウ・ジュラヴリョフ著、小畠郁生監訳『生命と地球の進化アトラス 地球の起源からシルル紀』(2003・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカンブリア紀の言及

【海】より

…現在でも海は非常に多くの生物種が生活している場所である。海産のおもな動物群は,古生代の初め(カンブリア紀)にそのほとんどが出現しており,魚類は少しおくれて,オルドビス紀に原始的な甲冑魚として出現する。陸の生物が海から移りすむのは,その後のシルル紀である。…

【カンブリア山地】より

…高原にはカール,U字谷などの氷河地形が刻まれ,牧羊・牧牛地帯となっている。古生代の最初のカンブリア紀の名称はこの山地名に由来する。【長谷川 孝治】。…

※「カンブリア紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

丼勘定

細かく計算などをしないで、おおまかに金の出し入れをすること。昔、職人などが、腹掛けのどんぶりから無造作に金を出し入れして使ったことからいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンブリア紀の関連情報