コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッチフレーズ catchphrase

デジタル大辞泉の解説

キャッチフレーズ(catchphrase)

広告や宣伝で、感覚に訴えて、強い印象を与えるように工夫された短い文句。うたい文句。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

キャッチフレーズ【catchphrase】

主として新聞広告雑誌広告などの印刷広告において,広告の受け手(オーディエンス)の注意をひき,広告本文(ボディコピー,テキスト)や商品そのものへの関心を喚起するために使われる導入句,または短い文章。アメリカの広告界で1880年代から使われ始めた言葉で,キャッチワードcatchword,キャッチラインcatchlineともいう。印刷広告においては,目だつ位置に大きな文字で示され,広告の軸となるので,現在ではヘッドラインheadlineといわれることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キャッチフレーズ【catchphrase】

宣伝・広告などで、人の心をとらえるように工夫された印象の強い文句。うたい文句。惹句じやつく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

キャッチフレーズの関連キーワードYour Internet Coバイローカル(Buy Local)Kanebo BLANCHIRブラック・コンテンポラリーコーポレート・メッセージ鳥海山・飛島ジオパーク八重洲ブック・センター化女沼レジャーランドレインボータウンFMサイバーマンデー江崎グリコ[株]チャド・マレーンことばの貯金箱ツーリズム戦略おしい!広島県アンデスメロンタモリ倶楽部ニューハーフヒョンジュン宮沢喜一内閣

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャッチフレーズの関連情報