キャッチフレーズ(英語表記)catchphrase

デジタル大辞泉の解説

キャッチフレーズ(catchphrase)

広告や宣伝で、感覚に訴えて、強い印象を与えるように工夫された短い文句。うたい文句。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

キャッチフレーズ【catchphrase】

主として新聞広告雑誌広告などの印刷広告において,広告の受け手(オーディエンス)の注意をひき,広告本文(ボディコピー,テキスト)や商品そのものへの関心を喚起するために使われる導入句,または短い文章。アメリカの広告界で1880年代から使われ始めた言葉で,キャッチワードcatchword,キャッチラインcatchlineともいう。印刷広告においては,目だつ位置に大きな文字で示され,広告の軸となるので,現在ではヘッドラインheadlineといわれることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キャッチフレーズ【catchphrase】

宣伝・広告などで、人の心をとらえるように工夫された印象の強い文句。うたい文句。惹句じやつく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

キャッチ‐フレーズ

〘名〙 (catch phrase) 感覚に訴えて強い印象を与えるよう考案された、短い宣伝文句。うたい文句。〔外来語辞典(1914)〕
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉間接統治に栄光あれ「『君臨すれど統治せず』のキャッチフレーズで知られる英国植民地政策の表看板が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャッチフレーズの関連情報