グリーンタフ(読み)ぐりーんたふ(英語表記)green tuff

日本大百科全書(ニッポニカ)「グリーンタフ」の解説

グリーンタフ
ぐりーんたふ
green tuff

岩石名として緑色化した凝灰岩をさす場合もあるが、新生代新第三紀中新世前期から中期の火山噴出岩を中心にした堆積(たいせき)物の総称として用いられる場合のほうが多い。後者の場合、特定の層準の地層の呼称になるわけであるが、現在では、門前層、台島層、西黒沢層およびそれらの相当層をさすのが一般的である。これらの地層中には、変質作用によって緑色化した凝灰岩(緑色凝灰岩)類と火山岩類が頻繁に認められる。

 グリーンタフは、千島列島から北海道のオホーツク海側、西南北海道、東北日本の日本海側からフォッサマグナ、さらに西南日本の日本海側に広く分布する。これらの地域をグリーンタフ地域とよぶことがある。この地域においては、多くの場合、中新世前期から中期に、著しい陥没運動とともに激しい海底火山活動があり、しばしば数千メートルに及ぶ大量の火山噴出物を堆積させている。この大量の火山噴出物の存在がグリーンタフ地域を特徴づける第一の点である。第二の点は、高い地熱勾配(こうばい)と埋没の進行によって引き起こされる続成作用や、マグマ活動に伴う接触変成作用と熱水変質作用などによる著しい変質作用の存在である。これらの特徴は、千島‐東北日本‐伊豆‐マリアナと、西南日本という、新第三紀の二つの弧状列島におけるマグマ活動域の地質条件に対応している。

 これに対して、グリーンタフと同層準の地層がありながら、その中に緑色化した火山噴出岩類をまったく、もしくはほとんど含まない地域を非グリーンタフ地域とよぶことがある。しかし、グリーンタフ地域と非グリーンタフ地域は、明瞭(めいりょう)な境界によって画されるものでなく、両者は漸移的である。

[伊藤谷生・村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「グリーンタフ」の解説

グリーン‐タフ

〘名〙 (green tuff)
① 緑色凝灰(ぎょうかい)岩。凝灰岩・緑泥石・凝灰角礫(かくれき)岩・集塊岩・火山岩などが変質し、緑泥岩などができて緑色となったもの。
② 日本の第三紀中新世前・中期の火山砕屑(さいせつ)岩のうち、緑色に変質した凝灰岩や凝灰角礫岩などから成る地層をもつ地質の名。北海道のオホーツク海側から西南北海道、東北地方の日本海側からフォッサ・マグナ、富士山周辺や伊豆半島一帯などに広く発達している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「グリーンタフ」の解説

グリーンタフ

一般的には緑色の凝灰岩のことであるが,日本ではおもに東北日本の脊梁(せきりょう)から西の新第三系の,特に中新統に含まれる海底堆積の火山灰(緑色のものが多いがそれに限らない)などをさす。大谷(おおや)石はその一例。
→関連項目火山砕屑岩グリーンタフ変動黒鉱石油中新世フォッサマグナ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「グリーンタフ」の解説

グリーン‐タフ(green tuff)

新第三紀の前半の火山活動で形成された火山岩や火砕岩かさいがんが、変質して緑色を呈するもの。緑色凝灰岩りょくしょくぎょうかいがん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「グリーンタフ」の解説

グリーンタフ【Green Tuff】

緑色の凝灰岩を意味する語であるが,Green Tuffと書く場合には,日本列島で第三紀中新世前期・中期の地層中に多い変質した火山岩や火山灰,火山礫れき)などの火山砕屑物を主とする地層に対してつけられた固有名で,変質の結果,緑色を呈する部分があるためこうよばれている。この地層は,千島列島から北見地方一帯,渡島(おしま)半島から東北地方の奥羽山脈より西側の地域や新潟をへて能登・奥丹後・島根の各半島に至る日本海沿岸一帯,長野北部から富士山周辺,伊豆半島一帯などに広く分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android