グレアム(読み)ぐれあむ(英語表記)Dan Graham

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレアム(Dan Graham)
ぐれあむ
Dan Graham
(1942― )

アメリカの彫刻家、メディア・アーティスト。イリノイ州ウルバーナ生まれ。1960年代初めにニューヨークに出て、当初はジョン・ダニエルズ・ギャラリーのスタッフとして現代美術の現場にかかわり、ポップ・アート、ミニマル・アート、アースワーク系の美術家と親しく交流、ドナルド・ジャド、ロバート・スミッソン、ソル・ルウィット、ダン・フレービンらのグループ展を組織し、彼らの活動をサポートする。かたわら1960年代なかばごろより、自らも作品制作を開始した。
 最初期の作品は、当時流行していたフォト・ノベル(写真で構成された物語)の形式を使い、女性誌の誌面を一種のパロディによって再構成したもので、ファッションや住宅などを題材にメディアの情報操作に対する皮肉を表現した。1969年、ブルース・ナウマンと知り合ったのを機にムービーカメラを作品制作に導入、2人の人物が相手を撮影したフィルムを同時に上映する『ボディ・プレス』(1972)や、ある家庭のテレビの画像とその家の前に設置された大型スクリーンの画像とを連動させた『ビデオプロジェクト・アウトサイド・ホーム』(1979)などの映像インスタレーションを制作した。また1976年のベネチア・ビエンナーレに出品された『パブリックスペース/トゥー・オーディエンス』など、ツー・ウェイ・ミラー(ハーフ・ミラー)を用いた作品や、1980年代以降世界各地で鏡を活用した「パビリオン」のプロジェクトを展開し、錯視効果によって認識のずれを強調するなど、コミュニケーションの問題を追求した。
 グレアムは、同時代にありながらまったく異質なポップ・アートとミニマル・アートの手法を融合した作風を確立したが、それはポップ・アーティストとして出発し、後にアースワークへと移行したスミッソンの影響が大きい。加えて1970年代以後は、両者の問題提起を取り入れた独自の作品を新しいメディアによって制作、当時盛期を迎えていたコンセプチュアル・アートの文脈で発表するという新しい展開も示した。またロック音楽のプロデュースを手がけたり、『ロック・マイ・レリジョン』Rock My Religion(共著。1993)というエッセイ集を出版して建築や都市計画についての独自の意見を発表するなど、知的好奇心は美術だけにとどまらず広い分野に及ぶ。[暮沢剛巳]
『Dan Graham, Brian Wallis Rock My Religion; Writings and Art Projects, 1965-1990 (1993, MIT Press, Cambridge) ▽「ダン・グレアム」(カタログ。1990・山口県立美術館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グレアムの関連情報