コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コットン コットン Cotton, Charles

6件 の用語解説(コットンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コットン
コットン
Cotton, Charles

[生]1630.4.28. スタッフォードシャー,ベレスフォード
[没]1687.2.16. ロンドン
イギリスの詩人。 1676年,岳父 I.ウォルトンの『釣魚大全 (ちょうぎょたいぜん) 』第5版に加えた第2部の作者。多くの陽気な詩を書いたほか,モンテーニュエセー』の翻訳 (1685) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コットン
コットン
Cotton, John

[生]1585.12.4. ダービー
[没]1652.12.23. ボストン
アメリカニューイングランド植民地の清教徒指導者。 1633年イギリスにおける非国教徒弾圧から逃れてボストンに移住。ボストンのファーストチャーチの教師となり,マサチューセッツ湾植民地の宗教上,政治上の支配的地位についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コットン
コットン
Cotton, Sir Robert Bruce, 1st baronet

[生]1571.1.22. ハンティンドンデントン
[没]1631.5.6. ロンドン
イギリスの政治家,古書愛好家。収集した古文書,写本,古書はコットン文庫として知られ,現在大英博物館に収められている。『ベーオウルフ』の写本もその一つである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コットン(cotton)

綿綿花
木綿綿織物
化粧用の脱脂綿
コットン紙」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コットン【John Cotton】

1584‐1652
アメリカのピューリタン聖職者,ニューイングランド創設期の宗教指導者。イギリスのダービーに生まれ,ケンブリッジ大学卒業,同大学の講師,学生監を経てリンカンシャーのボストンで英国国教会の司祭となるが,しだいに国教会に不服従の立場をとる。1633年北アメリカのマサチューセッツに移住,ボストン教会牧師として教化活動に励む。信仰論・教会論の著作により植民地の体制と会衆派教会を擁護,ニューイングランドにおける宗教的正統の確立に寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コットン【cotton】

綿。木綿。また、綿布。綿製品。
「コットン紙」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コットンの関連キーワードニューイングランドピューリタニズム会衆派教会ピューリタンピルグリムファーザーズアメリカの影ニューヨークニューヨーク・ワンニューワールドワインマザー家ニューイングランドクラムチャウダー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コットンの関連情報