コットン(英語表記)Cotton, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コットン
Cotton, Charles

[生]1630.4.28. スタッフォードシャー,ベレスフォード
[没]1687.2.16. ロンドン
イギリスの詩人。 1676年,岳父 I.ウォルトンの『釣魚大全 (ちょうぎょたいぜん) 』第5版に加えた第2部の作者。多くの陽気な詩を書いたほか,モンテーニュエセー』の翻訳 (1685) がある。

コットン
Cotton, John

[生]1585.12.4. ダービー
[没]1652.12.23. ボストン
アメリカ,ニューイングランド植民地の清教徒指導者。 1633年イギリスにおける非国教徒弾圧から逃れてボストンに移住。ボストンのファースト・チャーチの教師となり,マサチューセッツ湾植民地の宗教上,政治上の支配的地位についた。 R.ウィリアムズとの論争では行政官の権限は世俗的事柄のみでなく宗教的事柄にも及ぶとし,ウィリアムズや A.ハッチンソンを追放した。彼の教義問答集『子供向けのミルク』 Milk for Babes (1646) はニューイングランドの子供の標準的教科書となった。その他『天の王国の鍵』 The Keyes of the Kingdom of Heaven (44) ,『ニューイングランドにおけるキリスト教会の道』 The Way of the Churches of Christ in New England (45) ,『清められた会衆派教会の道』 The Way of the Congregational Churches Cleared (48) などの著作がある。晩年ますます反動化した。

コットン
Cotton, Sir Robert Bruce, 1st baronet

[生]1571.1.22. ハンティンドンデントン
[没]1631.5.6. ロンドン
イギリスの政治家,古書愛好家。収集した古文書,写本,古書はコットン文庫として知られ,現在大英博物館に収められている。『ベーオウルフ』の写本もその一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コットン【John Cotton】

1584‐1652
アメリカのピューリタン聖職者,ニューイングランド創設期の宗教指導者。イギリスのダービーに生まれ,ケンブリッジ大学卒業,同大学の講師,学生監を経てリンカンシャーのボストンで英国国教会司祭となるが,しだいに国教会に不服従の立場をとる。1633年北アメリカのマサチューセッツに移住,ボストン教会牧師として教化活動に励む。信仰論・教会論の著作により植民地の体制と会衆派教会を擁護,ニューイングランドにおける宗教的正統の確立に寄与した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コットン【cotton】

綿。木綿。また、綿布。綿製品。
「コットン紙」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

コットン

〘名〙
① (cotton) 木綿(もめん)。材質をいう場合に用いる。〔舶来語便覧(1912)〕
② (製造者ウィリアム=コットンの名からという) 毛のメリヤスの一種。
※あじさいの歌(1958‐59)〈石坂洋次郎〉台風のあと「コットンの上下のシャツの手首足首を」
③ 「コットンペーパー」の略。
※「戦前」という時代(1984‐85)〈山本夏彦〉日本児童文庫「紙は卵色のコットンで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コットンの関連情報