コピー&ペースト(読み)コピーアンドペースト

デジタル大辞泉 「コピー&ペースト」の意味・読み・例文・類語

コピー‐アンド‐ペースト(copy and paste)

[名](スル)コンピューターで、文章図形などのデータを指定して複写し、それを他の位置転写ペースト)すること。コピペ。→カット‐アンド‐ペースト
[類語]クオーテーション孫引き引き合い引用運用使用利用活用所用盗用悪用転用流用通用愛用援用応用逆用供用誤用充用試用常用善用適用乱用引証引例引拠引き句引き写し転載掲載登載所載満載連載訳載載せる引き写す使う用いるかす役立てる用立てる利する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典 「コピー&ペースト」の解説

コピー&ペースト

データを複製するための一連操作アプリケーションの操作では、複製するためにいったんデータを「コピー」してメモリー上のクリップボードに一時的に保存し、ほか場所に貼り付けて再利用できる。この貼り付けの操作を「ペースト」という。つまり、コピーしたデータは、ペーストと組み合わせることではじめて複製が行われるため、一連の操作をまとめてコピー&ペーストと呼ぶ。同様に、データを切り取り、別の場所に貼り付けて移動する操作を「カット&ペースト」という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本 「コピー&ペースト」の解説

コピー&ペースト

選択したデータをコピー(複製)して、別の場所に貼り付ける(ペースト)ことです。互いに扱える種類のデータなら、異なるソフト間でもコピー&ペーストができます。
⇨カット&ペースト、クリップボード

コピー&ペースト

 選択したデータをコピー(複製)して、別の場所に貼り付ける(ペースト)ことです。互いに扱える種類のデータなら、異なるソフト間でもコピー&ペーストができます。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android